iPhone 文字化け

iPhone 文字化けの正体

Sponsored link

iPhone 文字化けの正体は、携帯間同士の文字コードの違いにあります。iPhone から送信するメールに Unicode(ユニコード)の文字が含まれていると、iPhoneはUTF-8で変換するため、UTF-8をサポートしていない一部のau携帯=JIS(iso-2022-jp にのみ対応)で文字化けをおこすようです。当然と言えば当然の結果で、これがiPhone文字化けの正体だったんですね。これはAppleが多言語を扱うiPhoneを開発した際に、文字コード体系として多言語を扱うことのできるUnicodeを使用するように設計した為で、Unicodeの一つである、UTF-8でインターネットメールを送るようにしているのです。そして、逆に日本国内を重視・対象に設計された日本の携帯は、日本国外からの(JISコード以外の)メールを受信を想定していなかった時期があり、auの場合は、UTF-8の文字コードに対応する事をせず、海外からのコード体系の違うメールやiPhoneからのメールを受信すると文字化けが発生するという事態になった、ということみたいですね。

iPhone 文字化けの解読方法

Sponsored link

iPhone 文字化けの解読方法ですが、iPhone2.1 へのアップデート以降、携帯電話特有の絵文字(=顔文字ではない)を含むメールを携帯から送信するとメール全体が文字化けする問題が発生しているようですね。実は、これau携帯からiPhoneへの送信で起こる事みたいです。そこで、iPhoneで文字化けしたメールの解読方法ですが、携帯以外を駆使するそうです。つまりPC上でメーラーや Safari 経由で読めば、絵文字は表示されませんが、本文は読むことができるそうです。iPhone から au 携帯に送信したメールは、基本的には文字化けしないそうですが、メールにUnicode文字が含まれていると文字化けします。文字化けの解読方法や変換・修復方法が分かっても、原因が解決されないとね、、、、根本的な使い勝手は、良くなりませんよね。SoftbankとAppleに期待しましょう。

iPhoneで絵文字

Sponsored link

「日本では、絵文字がないとメールじゃない」 ソフトバンクの孫正義社長が、アップルに絵文字対応をしてくれるように一生懸命頼んだそうです。iPhoneで絵文字の読み書きに対応、これはうれしいですよね、既にiPhoneを購入されているユーザーの方も勿論バージョンアップ2.2でiPhoneで絵文字が送受信できるようになりしたね。このようになった経緯は、孫正義社長が「ガラパゴスなどとも言われるが、Appleに一生懸命伝えた。日本では絵文字がないとメールじゃない、と」と言ったそうです。絵文字だけでなく、日本国内でiPhoneが思ったよりも苦戦している理由は、電池の持ち時間の短さやワンセグの非対応、絵文字が使えない、が原因とも言われていますよね。私個人的には、更に赤外線通信とお財布携帯にも対応して欲しいですが、、、、どうですかね。これもソフトバンクやアップルに苦情を申し立てると対応してくれるようになるんでしょうかねぇ〜、でも、この機能がiPhoneに備わったら、凄くないですか!?